FC2ブログ
早雲山
 ケーブルカー早雲山駅に着いた。改札では駅員さんが「ロープウェイは一時間待ちとなります」と叫んでいる。早雲山から先は更に山が険しくなるのでロープウェイになる。このロープウェイに乗ると芦ノ湖のほとりに出られるので、ほとんどの乗客はロープウェイに乗り換えるのだけれど、私の持っているフリー切符は電車とケーブルカーの乗り放題切符なので、少し未練を残しつつここで折り返す。フリー切符の区間外だからというよりも、実は芦ノ湖まで行っていると時間が足りないのが理由である。
 駅前に出るとロープウェイに乗る人の長蛇の列が出来ている。駅のまわりは人家はほとんどなく、展望台のような駅前だ。標高の高い所なので風が少し冷たい。ここまで通ってきた山々を眺め、その向こうに海が見える事に喜び、iPhoneでスイングパノラマ撮影する。
(iPhone5)
※ 今回の箱根紀行は一日二回更新しています。
2015.04.16 Thu l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top
強羅
 彫刻の森から強羅(ごうら)まではすぐなので、あっという間に到着する。強羅は箱根登山鉄道の終着駅で、ここから先に向かう人はケーブルカーに乗り換える。この先は電車では登れないほど、更に急勾配なのだ。
 強羅駅に来るのは何年ぶりかわからないくらいに久しぶりなので、ホームを見物しながら写真を撮っているとケーブルカーのホームのほうが騒々しい。電車のホームと直角に設置させているケーブルカーのホームに人が溢れている。駅員さんが「ただいまの時間、ケーブルカーのホームは入場制限を行なっています」とアナウンスしている。ホームは狭く、ケーブルカーは2両編成なので、あまり人が殺到すると危険なのである。
 一旦改札を出て、ケーブルカーの改札を通ってホームに入ったのは一本見送ったあとだった。改札の前に並び、誘導によってホームに入る。私のまわりには外国人が多い。今日は電車の車内から色々な国の外国人を多く見かける。
 なんとか座る事は出来た。終点の早雲山までは10分ほどなので座る事に固執はしないけれど、座ったほうが景色がよく見えるので有難い。13時30分、ケーブルカーは急な坂を登り始めた。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
※ 今回の箱根紀行は一日二回更新しています。
2015.04.16 Thu l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top
彫刻の森
 小涌谷の駅前を少し見たあと、次も隣の駅で降りる。彫刻の森駅はその名の通り、彫刻の森という美術館公園の最寄駅である。
 そういう駅だから、それなりに下車があり、それなりに乗車があった。次は終点の強羅で、その強羅まではそれほど距離はなく歩ける距離だが、フリー切符で旅行している人が多いのだろう。
 私は他の観光客とは違う方向を歩き、線路沿いに向かった。線路に沿って小道があって、そこから走る電車を撮ろうというものである。せっかく箱根登山鉄道に来たのだから撮り鉄をしてみようというわけだ。
 少し待つと電車がやってきた。古いほうの車両が来たので嬉しくなり、一枚でいいところを何枚も続けて撮った。力強く走る登山電車は頼もしく森の中を走り去っていった。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
※ 今回の箱根紀行は一日二回更新しています。
2015.04.15 Wed l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小涌谷
 宮ノ下からの電車も混んでいた。ドアの近くで立って景色を眺める。横に立っていた高校生くらいのカップルの男の子が「もっと秘境みたいな雰囲気なのかと思ったら、都会みたいな混雑なんでびっくりだな」なんて女の子に話している。初めて箱根に来たのだろうけれど、初めてでこれは少しかわいそうに思う。
 それでも窓外の景色は素晴らしい。険しい山々を電車はモーター音を唸らせながら、ゆっくりと確実に登っていく。箱根登山鉄道は日本で唯一の本格的登山鉄道なのである。
 電車は9分かけて次の小涌谷に着いた。降りる人より乗ってくる人が多い。私は乗車前の予定通り、小涌谷で降りた。宮ノ下に比べると規模は小さいが、ここも温泉街がある。駅の前に「小涌谷温泉」と書かれた石塔が建ち、駅舎の横には温泉宿の案内板がある。それでも、雰囲気的には昔ながらの温泉街といったもので、リゾート的な気分を味わいたい訳ではない人にとっては、こういう温泉があるのは喜ばしいことだろうと思う。
 いろんな温泉があって訪れる人の好みに合わせて選べるのが、さすが有名観光地箱根といった感じなのだ。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
※ 今回の箱根紀行は一日二回更新しています。
2015.04.15 Wed l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top
宮ノ下
 温泉街を歩き、富士屋ホテルの前で写真を撮ったりしながら、再び宮ノ下駅に戻る。電車はあんなに混んでいたのにホームはとても静かで、山の眺めの似合うローカル駅な雰囲気に満ちている。
 吹く風の透き通ったような感触は標高の高い所にやってきた事を感じさせ、箱根に来て良かったと思わせる心地よさである。これで電車が混んでいなければ素晴らしいのになと思いながら、強羅行きを待つ。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
2015.04.14 Tue l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top