FC2ブログ
小田急相模原
 この線路横の小路を歩いていくと、途中に行き止まりの路地があった。「栄小路商店街」と書かれたアーチが架かっている。
 中に入っていくと、見事なほどに「夜の店」の集合体だった。道はやはり行き止まりで、脇に抜ける道はなかった。
 前を歩いていた女性は、この並びのどこかに入っていったらしい。それにしても、昭和レトロという言葉がぴったりな眺めである。
 周囲には真新しいマンションが立っている事を考えると、昔はもっと大きな歓楽街だったのだと推察できる。予備知識を仕入れて来なかったが、どうやらこの町はスナップ向きな面白い町なようだ。只の郊外のベッドタウンではない。
 もう少し散策してみる事に決めた。
(iPhone5)
2019.06.09 Sun l 旧津久井郡・相模原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小田急相模原
 住宅路だった道が開け、商店が並ぶ道に出た。左に曲がると、その先に踏切が見える。
 駅が近いようだ。現れ始めた店はいわゆる風俗店の類か、飲み屋が多い。そんな風俗店のドアが開き、一人の女性が駅の方角に向かって歩き出した。
 踏切の手前で古びた店が建ち並ぶ小路が現れた。女性はそちらに曲がっていく。古い建物が好きな自分もその小路に向かう。
 先に見えるはマンション。駅が近いからか、マンションの多いエリアなようだ。そんな高層建築物の下に、何十年もの歳月、人を受け入れてきた商店群が静かに佇んでいた。
(iPhohe5)
2019.06.08 Sat l 旧津久井郡・相模原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小田急相模原
 小田急線の線路に沿うように歩き、相武台前から小田急相模原に近づいていく。
 あまり予備知識はないが、小田急相模原は面白そうな町。そんな気がしている。ここでいう面白いとは、スナップ的に被写体があるという意味である。
 一軒屋が並ぶ住宅街を歩いているうちに、前方にマンションが見え始めた。駅が近いのだろう。それを裏付けるように飲食店が少しずつ増えてきた。飲み屋が多そうだ。そんな雰囲気に思える。そんな時、アニメBARという店を見つける。どんな店だろうか。楽しそうではある。なかなかニッチな店が多そうだ。
(iPhone5)
2019.06.06 Thu l 旧津久井郡・相模原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
奥牧野
 前川橋を渡り、再び道路に戻ってきた。この道を更に先に歩いていくと、すぐに県境となる。その先は山梨県秋山村だ。
 東京と神奈川の間に流れる多摩川のような「隔たり」は境目を強く意識させるものだが、地続きで違う県になるという感覚は、なかなか不思議なものである。ここもカントリーサインがなければ県が変わった事はわからない。それほど、境目を意識させるものがないのだ。
 せkっかくなので山梨県まで足を踏み入れる事にした。暑い中で歩き通したので、これ以上遠くはいかないが、秋山村への初訪問である。山と山の間を流れる川沿いに小さな集落がある。中央本線の車窓と似ていると思うのは、ここが山梨県だという印象による刷り込みだろう。
 秋山村についての観光案内板が県境の道路脇にあった。真新しい看板だ。それによると、色々な伝承や史跡がある所らしい。「民話の里」というキャッチフレーズ野村だそうだ。「金山」という文字も見つけた。武田家は金山開発に熱心だったから、ここもそのひとつだろうか。
 旧藤野町牧野も面白い所だった。やまなみ温泉に始まり、山奥の城跡。来てよかったと思える。そして、秋山村もいつかゆっくり歩いてみたいと思った。
 バスの時間まで少しあったので、奥牧野の集落とバス停の間にあった酒屋兼雑貨屋のような店の自販でサイダーを買った。なんと50円。店先で積み込みをしていた店員さんが挨拶をしてくれた。相模原市緑区、旧津久井郡藤野町牧野。のどかで良い所である。
(SIGMA DP2)
2018.09.19 Wed l 旧津久井郡・相模原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
奥牧野城
 吊り橋を渡ると、その先には奥牧野城山という小山がある。右手は土が盛り上がっていて、確かに城址という感じに見える。案内板があった。
 案内板によると、ここ億牧野城は小田原北条家が甲斐国の武田家との国境防衛のために拠点とした城だそうである。武田信虎(武田信玄の父)が武田家当主だった時代に、ここで合戦も行なわれていると伝わる。
 現在は土塁や郭の跡が残るのみで、しかも木が生い茂っていて昼なお暗く、一人で奥まで入っていく気がしないままに撤退。
 周囲はとても静かで、自然に包まれた場所である。ここに戦国の城があったという事を知るのは、地元の人か城マニアくらいかもしれないが、そういう歴史を刻んだ土地なのである。
(SIGMA DP2)
2018.09.16 Sun l 旧津久井郡・相模原 l コメント (0) トラックバック (0) l top