新井城
 毎年五月最終日曜に開催されている「道寸祭り」。以前から行ってみようと思っていたけれど、なかなか行く事が実現しなかった。今回、ついに足を運ぶ事ができたので、何回かに分けて、その話と写真を紹介します。

 その日、三崎口駅行き電車はラッシュのような混雑だった。みんなどこに行くのだろうか?
家族連れが多いので、八景島あたりか?金沢八景でも降りない。
横須賀港で基地のお祭りでもやっているのだろうか?横須賀中央でもそれほど降りない。
まさか、こんなに大量の人々が自分と同じ行き先?道寸祭りは荒井浜海岸で行なわれる。こんなに多くの人が来てしまったら、写真を撮るどころではないだろう。
そんな心配をしていたら、京急久里浜でほとんどの人が降りて、車内はガラガラになった。そういえば、駅に貼ってあったポスターに、久里浜の京急車両工場でお祭りを開催すると書いてあったことを思い出した。それが今日だったのだ。思えば、自分が立っていた転換クロスシートの通路、前に座っていたのは子供ではなく、大きいお友達だった。でかいバッグにはカメラ一式が入っているのだろう。
 三崎口駅に着いたあと、バス乗り場も混んでいた。油壷行きの乗り場には長い列。今度こそ、これは道寸祭りに行く人達だ。
 満員のバスに揺られて20分ちょっとで、油壷に着いた。荒井浜海岸へと行く道の入口に案内の人がいた。祭りに合わせて、普段は公開していない荒井城の遺構を見学できる。その案内だ。新井城自体は、油壷から子網代にかけて周辺すべてが城址なのだが、空堀や土塁が残る某大学の研究所の敷地内に入れるのは、道寸祭りの時だけである。
 今すぐにでも見学に行きたい気持ちだが、祭りが始まる時間が迫っているので、見学は後回しにして、荒井浜海岸へ急いだ。
 海岸に至る道には、武士の名前が書かれたのぼりが立ち、いい雰囲気である。この道は昼間でも暗く、普段は歩くのが少しためらわれる気持ちになる道だが、今日は人が大勢いるので、すいすい歩く。
 左手は断崖で下は海。右手は研究所の敷地で、境には土塁のように土が盛り上がっている。たぶん土塁の名残りだろう。途中には堀切もあった。中に入ってみたい。しかし、我慢しながら先を急ぐ。
(SONY α700 LENS:SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)
2017.06.14 Wed l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
岩堂
 宮川公園から岩堂山の方向に丘陵を上がっていく。あたり一面畑である。このあたりの風景は、とても首都圏、それも都心から50kmちょっとの距離にある景色とは思えない広さがある。岩堂山は丘陵は多いが山は少ない三浦市で一番高い山である。
 岩堂山は丘陵のてっぺんに少しだけ突き出た丘といった風情で、それが好ましく思える眺めだ。
 そんな岩堂山の中腹、というか丘陵地帯の中に産廃物の処理場がある。初めてここを訪れた時は、こののどか過ぎる風景とは不釣り合いなそれに、憤りに似た感情が沸いてきたが、あれから風景そのものは大きく変わっていないように思える。
 それでも、入口はご覧のとおり、少し物々しい備えが造られている。そんな風景を過ぎ、歩いているうちに、江奈湾を過ぎ、剱崎バス停まで戻ってきた。さすがに歩き疲れてきたので、今回はもうバスで帰ることにする。
(SIGMA DP2)
2017.05.17 Wed l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
宮川
 宮川公園に展望台があった。木製の高さ1mもあるかどうかの台だけれど、そこに上がると宮川湾がよく見えた。
 宮川湾は、公園下を通る宮川大橋からも見えるが、こちらは安全柵があるので撮影向きではない。写真撮影なら宮川公園からが良いという発見だった。
(SIGMA DP2)
2017.05.14 Sun l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
宮川公園
 毘沙門湾から坂を上がっていったら、畑の中に出た。宮川公園の風車が見える。次の目的地に思いがけず到着できた。
 宮川公園は風力発電用の風車が二基まわっている。この日は帽子を忘れてきたので、暑さが身にしみていた。ジュースを買って日陰のベンチに座って小休止。
 近くには菜の花が咲いている。丘の上の気持ちのいい公園である。
(SIGMA DP2) 
2017.05.12 Fri l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毘沙門
 三浦七福神のひとつ白浜毘沙門天に参拝したあとは、海岸を歩く。お年寄りの団体さんが歩いていたので、小休止して間をあけてから歩き始めた。
 この辺りは崖が鋭く、岩場も決して歩きやすいわけではないのだが、散歩コースとして整備されているので、歩きやすい服装で訪問すれば歩けないことはない。歩くほどに人は居なくなり、静かな海岸になっていく。
 少し険しい岩場を抜けると毘沙門湾。ここには漁港があり、その先の海岸線には「盗人狩」という急峻な崖があるが、今回はそちらには行かず、毘沙門湾に沿って歩いたあとは、内陸部に移動する。
(SIGMA DP2)
2017.05.11 Thu l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top