下宮田
 京急の美崎口駅に降り、駅前を歩き出した。
 今回は三崎方面ではなく、長井方面に向かって歩く。歩き出して間もなく、道端に「黒崎の鼻」への案内が立っていた。この岬にも夕方行ってみたい。
(RICOH GR)
2017.07.03 Mon l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三戸海岸
 三戸海岸の端まで来た。このあたりまで来ると人家も少なく、ちょっとした最果て感がある。そんな雰囲気が好きな場所だ。
 しばらく岩に越し掛けて休んで海を眺めた。三戸の集落の最北を抜けて、農村地帯を抜けると、高台に通じる道が現れた。そこを上ると、黒崎の丘に出た。
 広大な畑の農道に電柱が等間隔で並ぶ風景を歩きながら、国道に出ると、もうすぐ三崎口駅だ。昼時の暑さから比べると、だいぶおだやかな日差しが駅の周辺を包んでいた。
(SONY α700 LENS:SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)
2017.07.01 Sat l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三戸海岸
 海岸に沿って歩いていく。少し歩くと海岸と道路を挟んだ場所に諏訪神社があるので、表敬の意をこめて産廃する。
 さすがにこのあたりまで来ると、レジャー客もいない。静かな海岸の風景だ。夕日が似合う海岸だなと、改めて思う。
(SONY α700 LENS:SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)
2017.06.30 Fri l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三戸
 三戸(みと)海岸に着いた。砂浜には家族連れが何組もいて賑わっている。私は三浦に来るのは海のレジャーシーズンではない時期が多いので、三戸海岸に人がいる光景に違和感を感じてしまう。
 三戸海岸は穏やかな波、西日が砂浜を照らしている。私は浜の端まで歩いてから、あまり人が居ないところで一休みした。子供を連れてのんびりしている親子がいた。やはり、三戸海岸は、こういうまったりムードがよく似合う。
(SONY α700 LENS:SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)
2017.06.28 Wed l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top
三戸海岸
 更に海の方向を目指して歩いていく。国道から2キロもあるかどうかという所で、三戸海岸バス停に着いた。
 バス停の位置は、三戸の集落のはずれにあり、集落と広大な畑との境、といいた場所である。
 道路は一段高いところにあり、海岸の方から広がる集落は、バス停の位置より低い場所にある。ちょうどバス停のある位置の下を小川が流れ、その先に海岸が見えた。
 さて、ここからは海岸を目指して歩いてみる。
(SONY α700 LENS:SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)
2017.06.26 Mon l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top