三渓園
 先日、モデル撮影というものを初めてやってみた事は、この前の更新で書いたわけだけれど、その時に中望遠レンズに於ける絞り開放付近の細かいピント合わせが雑だった点を反省し、花を撮って練習しようとやってきたのは横浜の本牧にある三渓園。横浜駅東口からバスで35分~40分という距離。本牧は鉄道空白地帯なのでバスが結構混んでいる。
 バス停から三渓園までは桜並木が続くゆるい坂道で、家並みも落ち着いた佇まい。バス停から徒歩5分弱で入口に到着。園内に入るといきなり大きな池が現れた。
 三渓園は昔の建物がいくつも移築されている庭園で、思ったよりも中は広く、じっくり見て回ると何時間もかかりそう。時計は既に三時を回っており、閉園時間まで二時間を切っている。建物をじっくり見学することは諦めて、園内をざっと歩きながら要所でこれといった被写体を見つけて撮ることにする。何しろ今日持ってきたレンズは100mm一本だけという無茶な仕様での来園なのだった。
 そんな決意をしてみたけれど、庭園で中望遠を使って撮れる風景は限られている。頑張って引いた構図で建物を撮ってみようとしたりもするけれど、あまり面白いものは撮れず、やっぱりボケ味を楽しまなければ!なんて思いながら、こんな写真を撮っている。この写真だけで三渓園がどんな所か伝わるのかと、自分を問い詰めたいのである。
(SONY α700 LENS:MINOLTA AF 100mm F2)
スポンサーサイト
2015.01.20 Tue l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/999-4a43c0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)