陸奥横浜
 二日目、青森駅前で港に停泊する元青函連絡船の八甲田丸を見に行ったり(あいにく公開は休みで見学は出来なかった)、青森駅近くにある魚菜センターという市場で自分でトッピングして作る海鮮丼を食べたりして過ごし、夕方は大湊線に乗って陸奥(むつ)横浜にやってきた。
 大湊線は下北半島を北上しながら砂丘地帯の海沿いを走る路線で、沿線は人家の少ない寂しい眺めを往く。終点の大湊が沿線で一番栄えているのだけれど、今回は時間の関係で途中の陸奥横浜で降りた。大湊線の途中駅では一番栄えている駅だ。
 同行者いわく、ここは人気アニメの舞台となった所だそうで、駅の近くに数軒の商店はあるけれど静かな漁村だ。春になると菜の花がたくさん咲くのだそうだ。そんな静かな道を下っていくと小さな漁港に出た。あいにく、もう太陽は沈んでしまったけれど、深みのかかった青い黄昏の空が海を包んでいた。
 夜の空になってきた道を駅まで歩く途中、小さな酒屋があった。そこで地酒のワンカップをふたつ買って大湊線の車内で飲むことにした。小さな駅舎と雪に埋もれたホーム。冬のローカル線ならではの風景がそこにあった。数時間後は東京に居るなんて信じられないほどに、真っ暗で静寂に包まれた駅で列車を待つ。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
スポンサーサイト
2015.01.14 Wed l 神奈川県以外 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
懐かしいです。
夫の故郷は横浜の隣の有畑で降ります。
結婚するとき初めて連れて行かれて、あまりの寂しい風景にびっくりしたものです。
今は休耕田に菜の花など咲かせて、ちょっと有名になってますね。
2015.01.15 Thu l aunt carrot. URL l 編集
No title
こんばんは。
そんな縁ある場所だったんですね。驚きました。
大湊線に乗るのは三回目なのですが、そのうち二回は天気が悪く、曇り空に波の荒れた陸奥湾の海という景色で、元々人家の少ない地域ですから、寂しい長めになってました。
同行者も、そんな陸奥湾の景色をじっと見つめておりました。
菜の花は休耕田を活用するためのものだったのですね。こじんまりとした駅舎と街並みは菜の花が似合う景色だと思いました。次に訪れる時は春にしてみたいと思います。
2015.01.19 Mon l アルファ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/996-8f8e20c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)