弘前
 雪の弘前をさまよいながら、でもそんな夜の散策を楽しみながら、呼び込みのおじさんに教えてもらい、私達は海の名が付く居酒屋に到着した。
 筆書きされたお品書きは冊子ではなく立て看板のような板に紙を貼ったもの。お通しの酢で和えた魚の切り身がすでに絶品な味だ。刺身も美味いし、なめろう、ホヤの塩辛といった珍味系も美味。メバルの煮付けは食べられる部分は綺麗に食べ尽くしたほど美味しかった。地酒の種類も豊富で、弘前の酒は一番上の段に書いてあると教わり、「七力」という酒を飲んだら、これが香りよく、ふくよかな味。釣りが趣味なご主人こだわりの味のお店でした。
 すっかり満足な私達だけれど、最初からハシゴ上等な気持ちで来ているので、すぐ二軒目へ。近くにあったフォーク酒場が気になったので入る。綺麗な入口と階段を上がった二階に店はあった。
 店内には常連さんが一人、カウンターでマスターと会話中。テーブルに案内され、バーボンウイスキーとサラミチーズを注文。しばらくは同行者と音楽の話などをしていた。もっぱら私が昔の音楽の魅力を語る流れ。
 少し店内の雰囲気に馴染んできた頃、マスターが「歌いませんか?」と言ってきた。席のすぐ横に低いステージがあるのだ。一曲目はマスターがオフコースを弾き語りで歌ってくれたので、続いて私もオフコースを歌う。ちょうど帰る時間だった常連さんは私が一曲歌い終わるまで聴いてくれてから拍手をして帰ってくれたのがうれしかった。
 盛り上がってきたところで、同行者も私もユーミンなどをそれぞれ四曲ずつマスターのギター演奏をバックに歌った。
 ふと時計を見ると12時を過ぎていた。胸いっぱいのお礼と笑顔で店を出て、タクシーで駅前のホテルに戻り、駅の売店で買ったリンゴ酒を二人で部屋で飲んだ。いい店に出会えた夜はハッピーなのであります。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
スポンサーサイト
2015.01.13 Tue l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/995-19feacec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)