横浜
 この写真の店の前はランドマークタワーを望める港の風景のためか、撮影をしている人をよく見かける。以前、モデルさんをハッセルブラッドで撮っているプロを見かけたこともある。
 そのプロの横にはアシスタントがいて、アシスタントは手際よくハッセルのフィルムマガジンにブローニーフィルムを詰める。プロは軽快に撮影していき、フィルムを使いきると黙ってハッセルをアシスタントに渡す。アシスタントは素早く、新しいフィルムを詰めたフィルムマガジンをハッセルに装填して手渡す。その一連の動作に無駄がなく、プロってこういうシビアなものなのだなと感心したことを憶えている。
 この話は十年以上前とかではなく数年前の事で、デジタルの時代になってもブローニーフィルムの高画質は重宝されているのだなと思ったものだ。今、私の部屋には去年ひょんな事から手に入ったペンタックス645(初代)が55mmレンズを付けて鎮座している。私もブローニーフィルムで横浜港の風景を撮ってみたいと思っている。
(Nikon D80 LENS:AF-S DX NIKKOR 18-135mm)
スポンサーサイト
2014.12.27 Sat l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/983-be0058f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)