浮島
 午前中、近所の公園に犬の散歩に行ったら思いのほか暖かい日差しだったので、午後は飛行機でも撮りに行ってみようと、バスに乗ってやってきたのは川崎の浮島公園。ここからは羽田空港が目の前に広がる景色を見ることが出来る。
 以前来た時は数人だった飛行機撮りの人達が、今回は20人以上居る。何か特別な便でも飛ぶ日なのだろうか?ほとんどの人がC社の白い望遠か、N社の金色帯の望遠(多分、金色のNマーク入りの)を付けている。私はといえば、先日手に入れたミノルタのコンパクトな望遠ズーム「100-200mm F4.5」である。「レンズは大きければ良いってもんじゃない!」と強がりたいが、このレンズは1985年にミノルタが世界初のシステムAF一眼レフαシリーズを登場させた頃のレンズで、しかもエントリーモデルα5000向けに作ったコンパクトなレンズ。古い軽自動車でGT-Rに挑むようなものかもしれない。
 しかし、ネットでレビューを読むかぎり、このレンズかなり良いようだ。コンパクトに設計した弊害で最短撮影距離は1.9mと、ちょっと使い辛いけれど、絞り開放から結構使える。ミノルタの昔のAFレンズはデジタルでも実用になるレンズが多いのが嬉しい。
 私がこのレンズを参考にしたサイトでは、高価な望遠レンズに迫る一本と紹介されていたから、このレンズは軽は軽でも、ダイハツコペンのようなスポーツカーな軽に例えられそうなレンズだと思った。
 さて、早速使ってみた。私は連射をしない人なので、飛行機がズレたのが悔やまれる一枚。
(SONY α700 LENS:MINOLTA AF 100-200mm F4.5)
スポンサーサイト
2014.12.14 Sun l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/974-d5aa18a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)