武蔵白石
 武蔵白石駅からは以前は「大川支線」という支線が出ていた。途中駅はなく、運河を橋で渡るとすぐ終点の大川である。そんな短い区間を「クモハ12」というチョコレート色した車体の木の床の古い電車が一両で朝と夕方だけ往復していた。90年代までの話である。
 現在は他の電車と同様の銀色の電車が鶴見から大川まで直通している。直通運転をするために駅の構造が変わり、武蔵白石駅の構内のはずれにポツンとあった大川支線の短いホームは消え、一駅手前の安善駅から大川支線の電車は分岐するようになって武蔵白石は通過するようになった。
 そんな大川駅に行ってみようと思う。ただ、大川支線は朝と夕方しか走らない上に、休日は極端に本数が少ない。工場に通っている人のための路線なのである。大川駅を目指して歩き始めることにした。
(PENTAX K-01 LENS:smc PENTAX M50mm F1.7)
スポンサーサイト
2014.11.09 Sun l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/951-c34aabdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)