黄金町
 かつての黄金町の雰囲気を伝える昭和建築な物件を求めて歩いていると、一軒のギャラリーの中が立ち入り自由になっていたので入ってみた。
 こういう建物の中はどうなっているのだろうか?そんな好奇心で入ってみると、一階と二階を貫通させて吹き抜けにしてしまっているものの、なかなかかつての雰囲気を感じさせる内装だった。入口横にある洗面用の蛇口。六畳くらいかと思われる狭い室内の突き当たりにはトイレらしきドア。その横には二階に上がる階段。二階の床を抜いてしまってあるので、仕事部屋ともいうべき二階の部屋はどんな感じだったのかは、壁や天井の雰囲気で想像するしかない。
 今はギャラリーになっているとはいえ、かつて日々の流れの中で大勢の人が出入りしたであろうこの部屋は、今も不思議な重い空気に満ちているような感じがした。
(PENTAX *ist D LENS:smc PENTAX DA21mm F3.2 Limited)
スポンサーサイト
2014.11.02 Sun l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/945-d9caa71c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)