いちょう団地
 高座渋谷駅から少し外れ、県道の脇道に入っていくとすぐに畑の広がるのどかな眺めになった。畑の向こうには小さな山、というか森のような場所があり、その中に入っていく。
 風景としては昼間でも薄暗い道だけれど、女性も歩いているし、車も人も交通量は少なくない。この先に「いちょう団地」という県内最大の公営住宅があるので、そことの行き来で通る人が多いのである。
 あっという間に森を抜けると、その先にチェーン系スーパーが現れた。スーパーは二棟あり、食品館と生活用品館に分かれていて賑わっている。生活用品館は二階があり、そこには医院や中国物産店が入っている。
 スーパーの先に目的地である「いちょう団地」が現れた。
 いちょう団地は境川を挟んで大和市と横浜市泉区に建てられている兼営団地。横浜側が1棟から48棟(計2238戸)。大和側が51棟から84棟(計1394戸)と番号が付いていて、入居率は9割を超えているという巨大団地である。
 境川を越えて横浜市に入る。
(PENTAX Optio H90)
スポンサーサイト
2014.10.06 Mon l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/924-59fb2dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)