稲村ケ崎
 稲村ケ崎にやってきた。ここは砂浜の先が海に突き出た岬になっていて、その斜面の下が公園になっている。そこに上がって海を見る。曇り空だった雲の切れ間から太陽が出てきて、光を海に注いでいる。
 これと同じような景色を以前もこの近くの海岸で見た。私にとって稲村ケ崎は、雲の切れ間から降りそそぐ太陽の光の印象な海岸である。
 稲村ケ崎は戦時中、特攻兵器「伏龍」の基地が置かれた場所である。この兵器は実戦には投入されなかったが、岬の下に洞窟が残っているそうで、そこを訪れた人のサイトが検索するといくつか出てくる。
 静かな海を見せてくれる現在の景色を見ながら、そういう稲村ケ崎の歴史について想いを巡らせた。
 「伏龍」について
(SIGMA DP2)
スポンサーサイト
2014.09.22 Mon l 鎌倉 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/913-54f824cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)