塔ノ沢駅
 来年に箱根登山鉄道に新型電車が入るそうで、すでに完成しているその新型電車は試運転に入っているそうだ。
 この写真の電車は何十年と箱根の山を走ってきた古豪。日本で唯一の登山鉄道であるこの路線で、雨の日も風の日も黙々と乗客を運んできた。
 この日は冬でも割と暖かいほうだったのか、箱根湯本駅を起点にして結構歩いて写真を撮っていた。手に入れたばかりのニコンの20世紀の終わりの頃に出たレンズが回転するデジカメを持って、冬の箱根を歩いた。そのニコンは質感の良い手触りで、それはニコンのプロ向け一眼レフF5と同じ塗装仕上げなのだとネットにあった記事で読んだ。200万画素ほどのデジカメは時空を超えて、冬の温泉街の今を写し出してくれた。そこに新しいとか古いとかは関係ないような気がした。
 その夜、急いで都内に移動して待ち合わせの駅に向かい、初めて入る会場でライブを観た。ついこの前の事のような気がする。
(Nikon COOLPIX 950)
スポンサーサイト
2014.09.13 Sat l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/905-21a37909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)