海外
 休日は観光客で賑わう三崎の町。人が行き来する港から西の方角に外れると、だんだん人家は少なくなってきて、海沿いには広い空き地のような空間が広がる。
 その先に鄙びた漁港がある。海外(かいと)という小さな町だ。三浦半島にはこういう小さな漁港があちこちにあるけれど、ここの場合は少し先に観光客の訪れる町があるだけに、その風景からの変化がより染みる眺めである。
 そんな海外の眺めが大好きで、三崎に行った時には時間の許す限りは訪れるようにしている、この日はここまで毘沙門のほうからさんざん歩いてきたのにも関わらず、更に足を延ばしてやってきた。誰もいない港に立って夕日を眺める。オレンジに染まる小さな漁船、紺色に染まる海、風は心地よい暖かさを運んでくる。
 このあたりは集落も小さく人の行き来はさほど多くなさそうだけれど、路線バス王国神奈川県だけあってバスが通っている。三崎から浜諸磯までの路線。本数は1時間に一本ほどでこの季節だと日没頃に終バスとなる。
(iPhone4)
スポンサーサイト
2014.09.08 Mon l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/904-3d810699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)