横須賀
 上町商店街を下り、横須賀中央駅前にやってきた。京急線のガードをくぐり、すぐのところにある若松マーケットの入口に立つ。同行者二人に「今回の小旅行はここが最終地点です」と言って、入口の頭上に掲げられている提灯を指す。
 名前からするとスーパーでもありそうな通りだけれど、若松マーケットは入口から入ってすぐに、ここが飲み屋街であるという雰囲気に満ちているという昭和なスナック通りである。やはりこういう道は日が暮れてから行くに限る。同行者二人も雰囲気を楽しんでいる。東京在住さんに「看板に書かれてある横須賀ブラジャーってなんですか?」と聞かれたので「ブランデーをジンジャーエールで割ったカクテルです」と教えてあげると、そのネーミングセンスに感心している様子だった。これもひとつの昭和的風景と言えそうだ。
 「あそこに氷屋さんがあるんですよ」などと説明して歩きながら若松マーケット散歩は終わる。埼玉在住さんのカメラは手持ちでも綺麗に撮れているが、私のGX100は手ブレ写真である。高感度に強いデジカメをこういう散歩のために欲しいとも思った。でも、これもレトロな味わいな写真?と自己弁護。
 そんな感じで昭和レトロ紀行は終わり、お疲れさまという事で若松町で飲む。三浦半島の魚と野菜を出してくれる店をあらかじめピックアップしておいて、店構えで選んでもらい「とれび庵」さんに入る。二階に座敷があり、そこに案内してもらえた。旅館の部屋を思わせるかのように、座敷には古い木の箪笥が置かれ、まだ昭和レトロ紀行は続いていると実感する。
 主人の趣味の賜物か地酒のラインナップが渋く、高知の「亀泉 吟醸」が甘さと濃厚な飲み口で美味しい。横須賀市西部の佐島港で揚がったカツオなどもとても美味しい。ススキの刺身が特に美味しかった。
 良い旅は良い店に巡りあうことも大切だ。同行者二人もとても喜んでくれて、そして案内役の自分もとても楽しんだ小旅行となった。
(RICOH Caplio GX100)
スポンサーサイト
2014.08.10 Sun l 横須賀(横須賀中央田浦周辺) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/885-83cf1d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)