横須賀
 京急大津駅に出て、そこから2駅先の浦賀駅に到着。終着駅なので線路は行き止まりである。
 駅前の塀に地元の小学生が浦賀の歴史について描いた絵が掲げられている。浦賀はペリーの黒船が来た港町だ。そんな話をしながら歩くこと10分ほど、浦賀どっくの跡地に到着した。ここは歴史的建造物であるし、だからこそこうして残っているとも言えるのだけれど、普段は中には入れないので外から眺め、外から撮影するしかない。かなり古い煉瓦の上にカメラを構え背伸びしながら撮影する。
 更に歩くと、コミュニティ広場という空間があった。以前はなかったもので、今は入口は閉まっているが、イベントなどの時には使われているのだろうか。ここは塀はなく、金網で仕切ってあるので中は見やすい。
 赤線跡に比べると興味を持たれにくいかな?と心配だったけれど、同行者二人は古く重厚な建造物に夢中になっている。じっくりと眺めたあとは、コンビニに入って飲み物などを購入し浦賀湾の海を眺めつつ休憩。時間が押してきているのでカフェとかに入る時間の余裕がなくなりつつあるのであった。
(RICOH Caplio GX100)
スポンサーサイト
2014.08.03 Sun l 横須賀東部(浦賀久里浜方面) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/881-42592b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)