城山
 城山ダムを見たあと、城山町の中心に向かって戻ってみる事にした。同じ道を歩いても仕方がないので、国道からはずれて裏道を歩く。畑の中にフェンスが現れたので近づいてみると、フェンスの下から高速道路が見えた。車は走っていない。これは開通を間近に控えた(先日開通した)圏央道だ。城山の農村地帯の丘をトンネルと掘割で抜けていく造りになっているようだ。圏央道を走る車からは城山の風景はほとんど見えないのかもしれない。
 更に先を行くとバスが国道から横道に曲がっていくのが見えた。「若葉台住宅」という行き先の文字が見えたので、その道に入って見る事にする。若葉台はバブルの前くらいに城山町に作られた住宅街。京王相模原線の駅がこの近くに作られる事を見越して分譲住宅の並ぶ住宅街が開発されたもので、地図で見てもここだけ道が縦横に綺麗に整備されていて周囲とは違う風景なのが推測できる。どんな町なのか見てみたくなった。
 道は上りになってトンネルとなた。トンネルの上に階段があったのでそこを登っていく。国道に平行していた丘があり、そこの上が若葉台であるようだ。
 階段を上りきると視界が開け、閑静な住宅街が現れた。思っていたよりも住宅は多く、駅が出来ていれば自然に囲まれた良い町であったかもしれないと思った。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS)
スポンサーサイト
2014.07.03 Thu l 旧津久井郡・相模原 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/852-82c34912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)