柏木田
 富士見町というか、東佐野を抜けていくと、いつの間にか今回の最初の目的地である柏木田に着いた。柏木田はかつて遊郭のあった所で、以前から撮影に行ってみたいと思っていたのだが、なかなか足を運ばないでいるうちに、数年前遊郭時代の屋号の残る「福助ホテル」が取り壊されてしまった。
 今回訪れるにあたって、作家山口瞳さんの私小説「血族」を読んだ。この作品は柏木田の「旅館」を経営する家の出身者だった母親が、決して生前語らなかった自らの生い立ちと親類の秘密について、山口さんが現地に住むお年寄りなどに話を聞いて事実を調べ知っていくという物語で、前半は両親や兄弟や親類についての説明、後半が横須賀に出向く話によって構成されている。この本で柏木田という町についての事を色々知る事が出来た。
 実際に現地にやってきてみると、予備知識がなければそういう町だとは気づかない風景だ。強いて言えば古びた建物が多く感じるけれど、建物が古びた感じのものが多いのはこの界隈の特徴でもある。ちなみに、柏木田という町名はもうなく、今は上町(いわまち)三丁目となる。
 さて、これから柏木田を歩いてみるかという前に、通りの手前の店の風景がなんとなく良かったので一枚。
(iPhone4)
スポンサーサイト
2014.06.11 Wed l 横須賀(横須賀中央田浦周辺) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/836-04c51d51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)