桜山
 神武寺から15分ほどで横須賀線の東逗子駅前に着いた。コンビニでパンを買い、案内板で道を確認してから桜山公園に向かう。
 逗子駅方面に向かう県道を少し歩き、桜山公園への道を左折。道はカーブしながら坂を登っていく。歩道には桜が並び桜のトンネルを往く道といった風情。カメラを持って歩いている人もちらほら。登り始めて10分もしないうちに公園に到着。
 桜山公園は山の斜面に植えられた桜が綺麗で、その桜超しに逗子の町が見えるのだけれど、空がだんだん曇ってきた。天気予報では晴れだったのに残念。
 本日のカメラはコニカのKD-310Zという300万画素のコンデジ。今はもうカメラを作っていないコニカはフィルムメーカーでもあった。その昔は「サクラカラー」というブランドも持っていた。会社の所在地も「東京都日野市さくら町」これは勿論コニカにちなんだ町名だ。
 そういうわけで、桜を写すコンデジとしてコニカを選んでみた。「往年のサクラカラーの面影をデジタルで」というコンセプトだ。コニカのフィルムは何度か使った事があるけれど、サクラカラーの味わいを体験していないので、どこまで表現出来ているのかわからないけれど、コニカのデジタルの写りは自然な感じで好きであります。
(Konica KD-310Z)

コニカとさくら町とその写りについてのイイ話が書かれてあります。
さくら町一番地の記憶――コニカ「Digital Revio KD-310Z」
スポンサーサイト
2014.04.25 Fri l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/803-5a9b1c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)