秦野
 疲れてきたら途中からバスに乗るつもりで歩き始めたけれど、夕方の山の麓の眺めはいいもので、勢いづいて歩いているうちに国道との交差点である名古木交差点に着いてしまった。帰りは50分ほどで着いたから行きの半分くらいの所要時間だ。
 ここからも駅まで歩く事にした。帰宅の高校生たちが歩いているので方向の見当が付けやすくありがたい。駅に近づくにつれ商店が増えてきた。結構古びた店も多い。そんな鄙びた風景の中に、よくある大型スーパーも現れたりする。
 駅の近くに架かる水無川の橋を渡るあたりで太陽は山の中に沈んでいった。秦野駅は足早な人達が行き交う夕方のラッシュになっている。蓑毛の風景を懐かしく思いながら駅に向かうのだった。
(RICOH Caplio GX100)
スポンサーサイト
2014.04.22 Tue l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/800-a96435a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)