秦野
 さて、どこに行こうか。実は細かいプランは決めていなくて、現地で景色を見ながら行ってみたい方角に行ってみようという大雑把な考えのもとにやってきた。案内板の地図、バス路線の案内図などを見て思案。まずは伊勢原市との市境にある善波峠に行ってみることにした。
 駅前には水無川という川が流れている。橋を渡り少し歩いた所で右に曲がり東の方向に向かう。やがて少し大きな交差点が現れた。河原町という交差点ですぐ横を小川が流れている。そこにベンチがあったので、近くのコンビニでパンを買ってそこで昼食。梅が咲いていて綺麗だ。
 案内板が交差点に建っていて、このすぐ先に弘法山という山があるようだ。こちらも興味をそそられるけれど、今回はここから北の方角に向かって曲がる。その先に高校が現れ、国道246号線との交差点になる。国道246号線は都内では「青山通り」と呼ばれている主要幹線だが、昔の大山街道のルートを辿る国道でもある。ダンプカーやトラックの往来が多い。
 国道との交差点の名前は「名古木交差点」で、名古木は「ながぬき」と読む。このあたりの町の名前だ。国道を東の方向に歩き始めた。付近は民家もそれほど多くなく、ホームセンターがあるのが目立つ程度な静けさだけれど、国道の車の交通量が多く、その煩さと風景とのギャップに戸惑う。車の波が途切れたところを狙って、風景にマッチした感じの雑貨屋を撮ってみた。写真の方向と反対側に善波トンネルがあり、抜けると伊勢原市だけれどここで折り返す。
(RICOH Caplio GX100)
スポンサーサイト
2014.04.16 Wed l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/794-180ac203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)