田浦
 貨物線の廃線跡は歩道の横に平行しているのだけれど、枕木の部分は埋められてしまい歩道の一部のようになってしまっていた。時間の流れから取り残されているような田浦でも、静かに風景が変化していっている。港も工事が始まっていて、かつてほど軍港の雰囲気はしなくなっているようにも思えた。
 歩道の途中には前回の記事で書いた空き地の引込み線から延びている線路と交差する箇所がある。レールが交差して+の字になっている。ここも枕木が埋まってしまって線路跡の面影は薄れた。錆びたレールのそばに自転車が捨てられているのが物悲しい。
 曇り空の下の古い倉庫群と廃線跡。そんな寂しい眺めを撮っているのは自分だけかと思っていたら、一眼レフを持ってスナップをしている女性がいた。この方もきっと、移り変わる古き景色を収めておきたくてやってきたのだろう。
(PENTAX K-01 LENS:smc PENTAX FA 35mm F2 AL)
スポンサーサイト
2013.10.06 Sun l 横須賀(横須賀中央田浦周辺) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/678-45af05d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)