湘南国際村
 横須賀というと東京湾側の町のイメージが強いけれど、三浦半島の西部にも横須賀市な場所がある。そんな横須賀市西部の山側に子安の里という所がある。三浦半島は細かく色んな場所に行っている自分だけれど、子安の里にはまだ行った事がない。そんな訳で少し前から行きたいと計画を練っていた。初夏を思わせる土曜日、私は東京湾側の横須賀である汐入駅にやってきた。
 先週、大津から安浦を撮りに行ったあとも三笠公園経由で汐入に出て、ヴェルニー公園に来ている。この日もバスの時間までの合間にヴェルニー公園で海を眺めながらパンを食べる。ヴェルニー公園はバラが満開だ。
 汐入駅から湘南国際村センター行きのバスに乗る。事前に京浜急行バスのHPで調べていたが、この路線は一時間に一本程度の本数。これから乗る12時47分のバスは前のバスから1時間40分も間隔が空いている。
 バスはゆるやかな坂道を上がり、やがて葉山町に入った。上山口の農村風景に途中下車をしたくなるが我慢。海の方向から分かれて黄金坂を登ると湘南国際村だ。研修施設や研究施設がある。山のてっぺんなので海も見える。ここに来るのは久しぶりなので新鮮な気分で散歩を開始。
 以前に来た時よりも住宅が増えた。みんな高そうな家である。高台に高級住宅街、いかにもな風景だ。人も車も往来が少なくとても静かだ。聞こえてくるのは建設工事の音だけ。
 しばらく歩くと子安の里のある山が見えてきた。その向こうには海が見える。さあ、これから里山散歩だ。
(PENTAX K10D LENS:SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 DG)
スポンサーサイト
2013.05.21 Tue l 葉山 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/599-4067a146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)