百合ヶ丘
 駅前から団地までの道は坂道になっているのだけれど、すれ違う人は中高年の方が多い。おばあさんがゆっくりと歩く姿を見ていると気の毒に思えるくらいの坂道だ。
 一部の団地は改装されて名前に今風なカタカナが付いて分譲マンションになったりしているようだけど、やはり町全体は昭和な空気が漂っている。緑が多いので坂道以外の点では住みやすそうには思える。しかし、若者は昭和よりも現在を求めて新百合ヶ丘を生活圏とし、住宅も増えていった。新百合ヶ丘にはお洒落なカフェやレストランも何軒もある。
 複雑な想いにシャッターを押す気分も落ち始めた頃、店が現れた。看板を見ると喫茶店のようだが、見た目は大衆食堂のようでもある。ちょっと興味を惹かれたが、いきなり入店するには決心が必要な雰囲気に、写真だけ撮って退散する。
(SONY Ctber-shot W1)
スポンサーサイト
2013.05.12 Sun l 川崎北部・横浜港北 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/592-ef8ea240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)