曽我
 私はフラットベッドスキャナを持っていて、時々フィルムスキャンを行なっている。まあ、フィルムスキャナに比べたら読み込み速度は遅いし、解像度も落ちるけれど、ブローニーフィルムも読み込めるし、何より手軽なので重宝している。
 そのスキャナで以前にコダクロームで撮った写真をスキャンしてみた。コダクロームはコダックから発売されていたリバーサルフィルムで、その独特の描写はファンが多かった。
 この写真は、そのコダクロームが生産中止になった時に買って使った時のもの。生産中止が決まってから店頭からは消え、2ちゃんねるカメラ板のコダクロームスレッドでは情報交換がされていた。私はそれまでこのフィルムを使った事がなく、一度使ってみたいと思っていたところの生産中止だったのだ。
 そんなある日、地元のさくらや(さくらやもその後撤退となった)で2本発見して、そこから1本だけ買ってきた。それを詰めて、青春18きっぷを使って小田原市の曽我に行って梅を撮り、真鶴に行って港を撮った。
 自分にとって最初で最後のコダクロームなので、一枚ずつ大事に使い、結局その日帰り旅では使い終わらずに後日、廃止が近かった茨城県の鹿島鉄道に行き、まだ残ったので千葉県の久留里線の旅で36枚を使い終えた。
 こうしてスキャンした写真を見るとスキャナの解像度のためか随分と古ぼけた写真になっているけれど、実物の方もライトボックスに置いて見るとやはりちょっぴりレトロだ。それはデジカメとは明らかに違うテイストで、今更ながら私を惹きつけてくる素敵な色でコダクロームのファンになってくる。
(MINOLTA α9000 FILM:Kodak KR SCAN:EPSON GT8200UF)
スポンサーサイト
2013.04.24 Wed l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/577-25281e91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)