FC2ブログ
キヤノンがEOS Mを発売したので各社ミラーレスデジカメが出揃った感がある。ミラーレスを見ていると各社のポリシーとかがわかり面白い。

キヤノンはやはりというべきか、女性層、ファミリー向けに振ってきた。カラーバリエーションのラインナップがモロにそこをねらっている。操作感も同様で、基本はカメラまかせに使うデジカメだ。こだわりよりも商売第一というリアリストなスタンス。

ニコンはキヤノンと同様のシリーズと、カメラ好きのニコンユーザー向けと言えそうなEVF内蔵シリーズの二本立てで来た。商売を考えたらキヤノンみたくライトユーザー向けに振りたいが、ニコンのメーカーイメージも大事にしたいというスタンス。ライトユーザーにもカメラマニアにも良く思われたいという優等生感覚かもしれない。

ソニーは他社よりも大きいセンサーを積んでメカ的な部分を強調しつつ、ソニー得意の「小ささへのこだわり」を両立させた。小さいボディに大きいセンサーは、使い勝手に問題も出てくるのだが、小ささこそ大切というメーカーポリシーが明確だ。

オリンパスはとにかくスタイリッシュである。サブカル好き向けなセンスに似て、このカメラを使う事は「どこかわかっている」風を演出出来るようなモデルをラインナップしている。しかし、オリンパスも商売は無視出来ないから、PEN MINIシリーズのような小ささ重視のライトユーザー向けシリーズも用意している。理想と現実を行き交うイメージ。

パナソニックは基本的には万能型路線。特に尖ったモデルは作らず、使い勝手と性能をほど良く備えたモデルをシリーズしている。シリーズの分け方は明確で、このあたりは自動車メーカーに代表されるような商品ヒエラルキーの確立という日本の大会社が得意の戦略をきっちり提示しているソツのないタイプ。

ペンタックスは割り切りで作っている。画質を求めるならば一眼レフを買ってください。その代わりにミラーレスは一眼レフでは出来ない大きさを実現します。そういう開き直り的なポリシーを感じる。このあたりは、中判デジタル一眼レフも作っているという他社にはない特徴からくる割り切りと、生産規模的に多彩なラインナップを用意出来ない事からくる潔さか。

フジフィルムはとにかく趣味性重視。欲しい人だけ、意味がわかる人だけ買っていただければ充分。そういうスタンス。徹底的に昔のフィルムカメラの雰囲気を出しまくった結果、操作性までアナログチックになった。商売よりも趣味を大事にしたいというメーカーがあっても良いかなとは思う。

ミラーレスは一つのジャンルを形成した結果、元来一眼レフのエントリーモデルが担っていたポジションを奪いつつある。いわゆる軽くて小さくてかんたん操作という一眼レフだ。一眼レフを作っている各社とも、エントリー一眼レフのあり方が問われる時代になり、同時にミラーレスをどう売っていくかにメーカーの個性が表れるようになっている。
カメラメーカーの個性や方向性をチェックするのに、ミラーレスは良い存在と言えそうだけに、そういう視点でチェックするのも面白いと言える。メーカーの本音と建前が見えるかもしれない。

(今回の記事は私の書いている明日葉通信というブログから引用したものです)
スポンサーサイト



2012.12.09 Sun l カメラエッセイ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/505-df6d3032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)