川崎
 ある日の夕方、私は大型古書店にやってきていた。カメラの本などを物色していると足元に何かを発見した。携帯のストラップに付けるマスコットだろうか?可愛い小さなマスコットが床に落ちている。
 デザインからすると、女の子が着用していて、何かの拍子に落としてしまったのだろう。マスコットの愛らしい表情を見ていたら、まるで迷子になった子犬を思わせ、切ない気持ちになっていった。

 私はこういうファンシーなものに弱い。ファンシーなものを粗末に扱えないのです。今も部屋に母が仕事先でもらってきたらしいゴリラの小さなぬいぐるみが置いてあります。このゴリラのぬいぐるみ、ゴリラの垂れた目がとても優しく、見ていると癒されるので、部屋の目立つところに置いてあります。気持ちが落ち着かない時はこのぬいぐるみを見て心を落ち着けています。

 このマスコットもきっとどこかの女の子が大切にしていて、このマスコットを見て癒されていたかもしれない。その後、持ち主の手元に戻ったと信じます。
(iPhone4)
スポンサーサイト
2011.05.07 Sat l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/242-e7dc00b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)