FC2ブログ
P_20210411_211756_R.jpg
 旅に出ていました。四日間。しかも、西日本。
 日本の鉄道で未乗となっている路線区間が残り15となり、その内の5区間、出来れば更にもう一つ広島県まで足を延ばして1区間と意気込んで出かけた。いや、こういうご時勢なので謙虚にひっそりと出かけたというのが正解だが、とにかく東海道新幹線に乗って西に向かった。
 5区間の内のひとつが四カ月前に乗れなかった香川県の八栗ケーブルなので、四カ月前に持ち出していたリコーGRを持っていくことにした。このカメラにその景色を写させてあげたい。
 さて、私のリコーGRは初代モデルだ。遂にセンサーサイズがAPS-Cになったと騒がれたモデルだ。しかも、中古で買った。買った当初からラバーグリップに白くなっている箇所があったのが気になっていた。
 昨年、リコーにレンズ不動の修理をお願いした際にラバーグリップもどうにかしてもらえば良かったのだが、そのままにして現在に至ってしまった。
 今回の旅の三泊めにアパホテルに宿泊した。大浴場があるビジネスホテルである。アメニティもなかなかで、歯ブラシが普通のビジネスホテルの物より上等だった。普通のビジホのはいかにも使い捨てな質感で、歯磨き粉も一回分程度の量しかなく、夜に磨くと朝が困る仕様な所が多いが、アパホテルは歯磨き粉も複数回使える量なのだ。
 いや、アパホテルの宣伝を書きたい訳ではない。その歯ブラシの質感がいいので、チェックアウトの前に私はある事を思い至った。これを使ってリコーGRのラバーグリップを清掃しようというものだ。
 実は旅に出かける数日前に、あるサイトでこのラバーグリップの清掃についての記事を読んだのだった。同じ事に悩んでいる人が少なからず居るのだ。やり方としては、アルコールを含ませたレンズクリーニングシートでグリップを洗い、歯ブラシを使って浮いた汚れを落とすというものだ。
 今はこういうご時勢なので部屋に消毒用アルコールが備わっている。これでいけるのかと首を捻りながら、おそるおそる少量をティッシュに含ませる。ティッシュは紙がちぎれてゴミとなるので、そのサイトでは推奨していなかったが、今はこれしかないので仕方がない。
 さっそく、使用済みの歯ブラシでグリップを軽くこすってみた。「落ちた」のである。私は喜びながら、再度アルコールをティッシュに含ませ、歯ブラシでこすった。
 加減しながらやっていたので、何度かの繰り返し作業となったが、目立っていた白い汚れはなんとか落ちた。外に出て明るい場所で確認すると端の方がまだ残っていたが、時間もないのでもういい。とにかく、私は上機嫌で町に出たのだった。
 ラバーグリップの汚れさえ落ちれば、割と綺麗な個体である。慎重に扱う類いのカメラではなく、ガンガン使ってナンボなカメラなので、あまり神経質になり過ぎるのはナンセンスでもあるし、結果には充分すぎるほど満足している。この手法、リコーGRに限ったものではないので、他のカメラでも試してみようと思う。
スポンサーサイト



2021.04.11 Sun l カメラエッセイ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

水戸海岸てどこだっけ?
 本籍横須賀市民なのにピント来なかった。そういえば自分のGRも最近使ってないな。ペンタックスの巨大な内視鏡ケースに入れたままになってる。そういや充電器どこだっけ?ペンタMX-1も出番無いな。重いから・・。いつも乾電池式のデジカメ楽すぎてそればっか。
2021.04.13 Tue l ヨタ5. URL l 編集
No title
コメントありがとうございます。返事が遅くなって申し訳ありません。
MX-1は大きさの割にずっしりと来る重さがありますね。昔のコンデジはなかなか楽しいと思います。
2021.06.04 Fri l アルファ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/2189-64557f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)