FC2ブログ
下田城
 伊豆急下田駅から町の通りを歩き20分ほど、下田城址にやってきた。入江に面して立つ下田公園がその城址である。
 駐車場の脇に下田城址と書かれた石碑が立っていて、これが入口だ。道はなだらかな登りだが舗装されているので歩きやすい。少し登ると開国広場という所に出た。城の曲輪にも思えたが、そういう訳ではなく後から造った敷地なようである。
 現在の下田城址はこのようにペリーの公園といいた趣きだが、もう少し登っていくと城についての説明版があった。
 下田城は北条水軍の城である。豊臣秀吉がいよいよ小田原に攻めてくることが真実味を帯びてきた頃、水軍の拠点城として整備された。町に近い場所にあるが山城である。下田の町を見下ろすことが出来た。
 天正十八年(1590)の小田原合戦において、この城は一万を超える西国の水軍に攻められ、僅か六百人という軍勢で約50日間持ちこたえたという。城将は清水康英。合戦後、清水康英は出家して河津の寺に入ったという。
 大軍を相手に持ちこたえたという堅城だけあって、上がっていくにつれて険しい地形となっていく。頂にある本郭はさして広くないが、周囲に張り巡らされた空堀や堀切が見事だ。三島の山中城にもある障子堀という、堀に土を盛って区画した造りもある。これは堀に落ちた敵兵がたやすく脱出できない構造である。
 案内板も整い、コース上は舗装されていたりするので、ハイキングとして歩きやすく整備されている。これも公園化されたからこそだろう。惣蔵していたより観光客の姿を見かけたのも、それが理由だと思った。下田市内の観光地としてはマイナーな存在ではあるが、下田を訪れた際には是非足を運んでほしい場所である。かつて、この町が戦場となった事を示す貴重な遺構なのである。
(FUJIFILM X100)
スポンサーサイト



2020.01.15 Wed l 神奈川県外の戦国史跡 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/2038-1ab30d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)