FC2ブログ
熊本
 一時間半ほど「くまモン列車」に揺られ、熊本県にやってきた。水俣駅だ。
新幹線はお隣の新水俣に駅があるのでこちらは小ぶりな駅舎だ。写真集「水俣」を写した社会派写真家ユージン・スミスを偲びながら駅の周辺を歩く。いつか泊まってみたい。1970年代の喧騒も遠くに。今は静かな海沿いの町であった。
 水俣から乗った列車は普通の仕様だった。車窓は夕陽の有明海に変わってゆく。あの海の向こうに天草があるのだ。逆の陸地の奥に阿蘇があるのだ。熊本県でもっとのんびりしていたい。だが、今夜は帰るのである。名残り惜しい。九州、特に南九州は通り過ぎるような土地ではない。
 高校生で少し賑わう八代駅で降り、ここからは再びJRの旅となる。
 一駅で新八代。九州新幹線さくら号に乗り換えるが自由席は混んでいたのでデッキへ。次の熊本で下車した頃は既に空は夜。18時を回った。
 熊本から乗った豊肥本線の肥後大津行きは帰宅の人で少し混んでいた。ロングシートの通勤型電車。肥後大津駅は熊本のベッドタウンのような所で、高校生や会社員が何人も下車していった。
 南口改札を出るとワンボックス車が停まっていた。これから乗る町営の空港行きの無料バスである。家の灯りの少ない道路を15分ほど走って熊本空港に着いた。時間はまだ余裕がある。空港内を散策する。
 熊本空港は小ぶりな空港だが、土産もの屋はそれんりに揃っていて、三階にはレストランコーナーもあった。ラーメンのいい匂いに誘われるが、そろそろ土産ものでも買ってチェックインの時間である。
 19:55のJAL羽田行きは五分ほど遅れての出発となった。JALの出発ロビーはビジネスマンの姿も見られ、既に旅気分は終わりになろうとしている。
 九州の会社であるソラシドエアのようなローカル色も薄く、洗練された都会の空気が夜の空港に充満している。神戸、那覇、与那原、コザ、首里、浦添、糸満、そして鹿児島に川内に水俣に熊本。旅を振り返り帰路だった。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 PZ)
スポンサーサイト



2019.12.30 Mon l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/2033-b38ea6f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)