FC2ブログ
RIMG0140.jpg
 冬だからこそ散歩をしたりサイクリングをしたり。そんなやせ我慢みたいな事をしながら、バレンタインの日に自転車でやってきた無人駅。
ガードの下には昭和初期と変わらない風景が残っているという。よく壁を見れば、戦時中に受けた機銃砲の跡が黒い丸形として残っている。
そのガード下には飲み屋もある。100mくらいの短いガード下は、電車が通る度に鈍く低い音が響き渡り、私の記憶を薄れさせていった。
 この駅が過ごしてきた長い年月に比べたら、おまえの記憶なんて小さい小さい。駅の壁がそうささやいているように思えた。
 (RICOH Caplio G3)
スポンサーサイト



2010.12.27 Mon l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/199-cfd917c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)