FC2ブログ
鶴見
 本山(ほんざん)駅跡の高架下は川崎鶴見臨港バスの車庫として使用されている。臨港バスは京急グループで、鶴見線の前身は鶴見臨港鉄道だ。
 戦前、鶴見臨港鉄道の他に京浜工業地帯には海岸軌道という路線があった。この海岸軌道の路線は京急大師線が川崎大師の先に延長する際に一部が利用されている。
 鶴見駅からさほど離れていないこの場所に駅が設けられた理由は、近くに総持寺があるからで、駅跡から道を挟んで参道が延びている。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 PRIME(135判換算47mm F1.9)※AUTO110モードで撮影
スポンサーサイト



2019.09.04 Wed l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1985-e06f7da1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)