FC2ブログ
福岡城
 田川後藤寺から後藤寺線に乗って新飯塚に向かう。沿線風景は山並みである事は変わらないが、セメント工場があったらり削られた山肌があったりして、どこか殺風景でもある。
 新飯塚からは篠栗線の博多行きに乗る。旧炭鉱地帯のはずれの農村から、トンネルを超えて都市近郊へ景色が変わっていく。ローカル線気分は消え去った。
 地下鉄博多駅のコインロッカーに荷物をしまい、地下鉄で天神に向かう。天神に行くのは久しぶりだ。福岡市随一の繁華街。照明を落とした洒落た佇まいの地下街を10分程歩いて、地下鉄七隈線の天神南駅に着いた。
 七隈線は郊外に向かって延びている路線で、夕方のこの時間の下り列車は空いている。私はぼんやりと走り去る駅名たちを眺めながら終点の橋本に運ばれた。九州の鉄道全線を遂に乗り終わった瞬間である。
 橋本駅は小さなバスターミナルがあり、その向こうに大きなショッピングモールがあった。町の先に山々が見える。
 橋本から折り返し、天神南より少し手前の六本松で降りる。帰りの上り電車は大学生で混み始めた。福岡県だけでなく、九州一円から集まっている若者なのだろう。福岡市の活力が感じられる。ふと、別府の高校生たちを思い起こした。
 六本松駅から徒歩20分で福岡城に着く。この辺りは都市だから車の往来も多く、歩いているだけでも疲れたが、公園となっている福岡城は静寂に包まれていて、都会の中のオアシスのような空間となっている。
 石垣が大きい。そして、いくつもある。何か建物が築かれていた場所には石垣が施されていたようだ。点在する石垣群がどこか遺跡めいて見えるのは、福岡県の古代からの歴史がこの地にも息づいているからだろう。
 公園を縦断する感じで抜け、地下鉄大濠公園駅に着いた。時間はまだあるのだが暑さで疲れて電車に乗る。
 博多駅で一旦降りてコインロッカーにしまった荷物を回収して、地下鉄の終点福岡空港駅に向かう。博多駅からすぐである。
 飛行機のフライト時刻まで二時間ほどあるので、空港内を見学する。初めて来た訳ではないが、じっくり歩くのは初めてだ。博多ラーメン横丁なる一角もある。なかなか楽しい空港だ。美味しそうなうどん屋を見つけたので、そこで夕食とした。
 こうして三泊四日の九州旅は終了を迎えた。缶ビールを買ってベンチに佇みながら、旅を振り返る。東園駅と大村湾。女性客が多かった(Jリーグの調査でも長崎は女性比率が一番高いと後で知る)諫早のスタジアム。雨の島原城。引退間近のトーレスのゴールが観られた鳥栖。北九州の街を一望できた皿倉山。昭和の遊園地別府ラクテンチ。山間の集落中山香。おばあさんが一人で店に出ていた中津と中津城。繁栄の残像が侘しい田川。そして、先ほど歩いた福岡城。
 九州は様々な文化と歴史の詰まった地域である。各県ごとに個性が色濃く違い、訪れる者を驚かせ、楽しませてくれる。もっと旅をしていたいと思いながら、私は出発ロビーに向かった。
(iPhone5 FUJIFILM X100)
スポンサーサイト



2019.07.31 Wed l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1973-f6adf4b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)