FC2ブログ
荒井浜
 今回も過去の写真からです。
 先日、今年の道寸祭りが終わりました。行きたかったのですが、諸々の事情で行けませんでした。
 この写真は二年前のもので、このブログでもこの日の写真は発表しました。当日はとても暑く、馬が走る場所の横に座れたものの、暑さでカメラとレンズが熱くなるほどでした。
 こういう動きのある被写体を撮るには、腕はもちろん、相応の機材も必要な訳で、この日はそれを痛感いたしました。
 この日の組み合わせであるα700と100-200mm F4.5という機材は、静物撮りには向いていると思うのですが、動きの速いものを撮るのは一苦労です。置きピンを巧く使うか、あまり良いとは言えないAF-Cモードでたくさん撮って、その中から当たりを探すか。
 結果としては、どちらも成功せずと言ったところでしたが、普段やらない撮影を行なうのは勉強になりました。
 最近はやっていませんが、人を撮るというのは面白いものです。今回の機材の組み合わせで女性を撮った事が何度かありますが、このレンズのメリハリのある描写は野外ポートレートに向いていると感じた次第です。
 実はこのレンズ、かなり安く購入しました。とあるブログに、70-200mm F2.8G SSMにさほど劣らぬ描写と、比較作例が掲載されていて、走り去るディーゼルカーの窓枠などの金属感の解像が遜色なかったのを見たのが、購入のきっかけでした。
 あまり中古市場に流通していないレンズなので、見かける機会はなく。仕方なく、ネットオークションで買いましたが、確か2kしたかどうかという値段だったと思います。
 同時期に併売されていた70-210mm F4というレンズがあり、こちらがデジタル時代の今でも通用する描写で人気があり、流通もそれなりにあるので、買うならそちらがおすすめでしょうか。ただ、こちらは筒が長く重い。対して、100-200mm F4.5は短く軽い。スナップ向け望遠ズームでもあります(短く軽い設計にした結果、寄れないのが難点)。
 寄れないのを我慢できるのなら、αユーザーの方におすすめのレンズであります。
(SONY α700 LENS:MINOLTA AF 100-200mm F4.5)
スポンサーサイト



2019.05.29 Wed l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1944-81491b2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)