FC2ブログ
小田原城
 写真のストックがなくなりました。なので、過去に撮った写真を紹介していきたいと思います。すでに掲載した写真と被らないようには致しますのでご了承を。
 今回の写真は三年前に小田原城に行った時の写真。小田原城にはご存知のように天守がある。そして、これは戦後に造られた「復元天守」である。正確に言うのなら、江戸期のものを忠実に再現したという訳でもないようだが、観光客のために天守は必要という事で、広く親しまれている。
 私はあまり復元天守や模擬天守(往時の姿とは違うものを造ってシンボルとするケース)は興味がないので、小田原城の天守の場合は、中の展示物に興味があったのだが、こちらはなかなか充実している。わかりやすく戦国時代の北条家から江戸時代を伝えている展示であった。
 最上階からの眺めも良い。天守は、その眺望を楽しみに来る人も多いだろうが、小田原は海と山に挟まれた町なので、眺めがとても良いのだ。おすすめである。
 その天守から西の方角を見ると、線路を挟んで向こうに小山が見える。ここも実は小田原城である。戦国時代、北条家がこの山に曲輪(くるわ)や空堀(からぼり)を築いた。
 今でもその遺構が残っていて、陸上競技場や高校がある辺りから散策できる。個人的には、ここの巨大な空堀を見ずして小田原城の魅力に触れたとは言い難いと思っている。
 この写真からでも、その片鱗は少し窺えるだろうか。小田原城とは、天守がある公園の付近を指すのではなく、小田原の中心市街から周辺の山までを指す、巨大な城郭都市だった。そういう事なのだ。
 この撮影の日は友人を伴っていたので、その山の城郭には行かなかったが、タクシーを使って近くの石垣山城に行った。豊臣秀吉が北条家攻略のために築城した城である。この石垣山城からも小田原の町がよく見下ろせる。巨大な井戸の跡も残っていて、崩れたままの大きな石垣と合わせて、戦国時代を今に伝える貴重な遺構だ。ここもおすすめである。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 PZ)
スポンサーサイト



2019.05.26 Sun l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1943-20c2af6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)