FC2ブログ
豊田スタジアム
 春の青春18きっぷ旅の話その2。今回からは愛知県から京都府に向かった話を。

 熱海から新幹線こだま号で浜松に向かった私は、浜松から東海道本線を乗り継いで刈谷にやってきた。
 刈谷からは名鉄三河線に乗る。大手私鉄ではあるが単線で、途中何度か対抗列車の行き違いで数分停車があった。
 豊田市駅に着くと、名古屋の中心部からやってきた豊田線の電車もちょうど着いたらしく、さして広くない改札前は大混雑になっている。ほとんどの人がサッカー観戦だろう。私もそうだ。前売りを遅く買った私はバックスタンド席完売を知り、ゴール裏自由席のチケットを持ってやってきた。
 近年、名古屋グランパスは人気が上昇し、豊田スタジアムは満員状態が増え、名古屋市内にある瑞穂陸上競技場での試合は今季完売が続いている。
 駅からスタジアムまでは1km以上離れているが、沿道はグランパス関連の飾りつけが施され、商店が集客アピールに忙しかった。駅前から既に非日常な風景となっていた訳だ。
 スタジアムに入ると、そのスケールに圧倒された。話には聞いていたが、上の席からピッチを見下ろすと、かなりの傾斜を感じる。最上段に近い場所しか空いていなかったので、そこに座った。
 周囲は家族連れと若いカップルが多い。駅までの道もそんな印象だった。私の前にはいくつかの家族が合同で観に来ているようで、賑やかで楽しそうだ。子供はグッズに身を包み声援を送っている。
 名古屋グランパスの攻撃的なスタイルが如何なく発揮され、前半から点がよく入る。後半はアウェイ側に移動し、コンサドーレ札幌サポーターの後ろで観戦した。一階席からだと視界がまた違って見える。その大きさは圧倒的だ。
 さて、今夜の宿は岐阜である。雨が降ってきたので寄り道はせず、再び刈谷に戻った私は各駅停車でのんびりと岐阜に向かった。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 PZ)
スポンサーサイト



2019.04.24 Wed l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1929-280f2296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)