FC2ブログ
長井
 小松ヶ池から下宮田の集落を抜ける。この辺りは京急線の三崎口駅が最寄りとなる住宅地で、綺麗な戸建てが並ぶ地区である。
 道の先はやがて農地となり、畑の中を抜けていくと、国道134号線に出た。南に行けば三崎口駅と三崎。北に向かえば横須賀市の長井方面だ。私は長井に向かった。
 やがて三浦市の体育館が現れ、その向かいに大きな駐車スペースが広がるホームセンターがある。そこで昼休みとした。
 さて、太陽が空に顔を出し、暑くなってきた。実は今回は天候に合わせて二つのプランを考えてきた。ひとつは三戸海岸の散策。こちらだと歩行距離は数キロ程度。もうひとつは長井に向かい、ソレイユの丘から荒崎方面に出て長井の集落を歩くというもので、こちらは夕方まで歩きづめになるプラン。暑いので三戸にしようかとも思ったが、風があって過ごしやすいので長井に決めた。
 国道に沿って歩道を歩きながら三十分ほど。やがて国道の両脇に畑が広がる。横須賀市に入った。長井である。
 ソレイユの丘に至る交差点で左折する。ここには市営の自転車置き場が設置されている。広大な畑の向こうの集落の人がバス通学、あるいはバス通勤するためのものだろうと想像する。交差点の近くにバス停あがり、三崎口駅までバスが通じている。
 畑の間を歩き、集落の間を抜け、丘に上がっていく。眺めはとても良い。畑も丘も見晴らしが良い広さで、丘に上がると三浦半島の内陸部の山々が見渡せる。私の好きなビューポイントである。
 丘に上がり、ソレイユの丘に向かう畑の中の近道を歩き始めた。この辺りは戦前、飛行場だった場所である。
(SIGMA DP2)
スポンサーサイト



2019.03.27 Wed l 横須賀西部(相模湾側) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1915-e352e605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)