FC2ブログ
砂原線
 朝、五時半にホテルを出た。駅のすぐ傍だが、あたりはひっそりとしていて、まだ夜の続きのようだ。こういう暗闇の早朝の町の景色は大好きである。
 雪を踏みしめながら駅に着いた。発車時刻を数分勘違いしていて、改札からダッシュする羽目になったが、なんとか間に合った。車内はほぼ無人。三両編成に乗っているのは私達以外では一人である。
 5:51に函館を出た列車は国鉄型キハ40という気動車で編成されている。暗い空の下を走っていた列車は、大沼駅に着いた頃に、ようやく空が明るくなってきた。ここで上り列車と待ち合わせのため少し停車。ホームに出ると、朝の冷気が心地よかった。
 大沼で女子高生が一人乗ってきた。ここからは函館本線は二手に分れ、この列車は支線のような区間に入る。途中の渡島砂原駅の名を取って「砂原線」とも呼ばれる。
 砂原線は人家の少ない、まさに原野を走る。駅が現れても周辺の集落は小さい。やがて、山の横から陽光が射してきた。なんと明るく、透き通った光だろうか。
 砂原線は雪の小集落をゆっくりと結びながら、各駅で少しずつ高校生を乗せ、森駅へ向かって走る。
(SONY α55 LENS:SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)
スポンサーサイト
2018.12.07 Fri l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1856-bfcd1115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)