FC2ブログ
小金城址
 次の駅は小金城址駅だ。読んで字の如く、城があった場所である。この駅は流山線で唯一行き違いの出来る駅もあり、駅に着くと下り電車が停まっていた。
 駅は橋上駅舎だが、プレハブの簡素な構造だ。周辺は住宅街だが、駅から城跡の丘が見える。徒歩10分ほどの距離だ。
 小金城は戦国時代、高城氏の居城だった。街道筋の城でもあるので重要な拠点城であり、高城氏が仕えtいた千葉氏が小田原北条家の傘下となると、北条家の重要な拠点のひとつとなった。
 関東の城は、小田原合戦を境に主が代わったり、廃城の道を歩んだりと、いくつもの名城が朽ちていったが、小金城もその歴史を顧みられる事はあまりなく、城郭のほとんどは近年宅地開発によって姿を変えてしまったそうだ。このあたり、鎌倉市にある玉縄城と似たケースかもしれない。以前は広大な遺構が残っていたという点も共通している。
 玉縄城もそうだが、ここ小金城も北条家が関東の覇者として戦国時代以降も君臨していたら、このマンションや一戸建ての並ぶ丘の上に天守閣でも出来ていたのではないかと、そんな妄想をしたくなる城である。今のこの風景を高城氏の人々が知ったら嘆くだろうとも思った。
 そんな風景の片隅に「歴史公園」という名で、遺構の一部が残されているのが、せめてもの救いか。北条家ならではと言える築城技術の片鱗を窺う事が出来る事だ。
 特に、伊豆山中城にある事で城マニアには有名な、畝堀、障子堀の一部が保存されている。土が積もっていてわかりにくいが、堀の地面に凹凸が出来ている事が写真でもおわかりいただけるだろう。
 史跡としての面積は広くないが、なかなか雰囲気のある公園である。
(SONY α7Ⅱ LENS:MINOLTA AF 24mm F2.8 NEW ※LA-EA4使用)
スポンサーサイト
2018.08.30 Thu l 神奈川県外の戦国史跡 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1789-ec1d1f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)