FC2ブログ
蒔田
 桜が咲いた頃、iPhoneを片手に横浜市南区界隈を歩いてみた。パノラマ写真を撮ろうという訳である。
 横浜駅から市営地下鉄ブルーラインに乗ってやってきたのは蒔田(まいた)駅。ここは中世には蒔田城という城があった所である。
 蒔田城は戦国時代に北条氏に仕えた吉良氏の居城とされる。ただし、あまり史料がないため「まぼろしの城」とも言われている。
 現在、城があったとされる場所には「横浜英和学院」という女子校が建っている。明治時代に設立された歴史のある学校で、この学校のグラウンドの改修工事の際に、戦国時代のものと思われる火鉢のかけらが出土したそうだ。
 学校とあって、迂闊に城跡には入り込めないが、周囲には桜が見事に咲いていた。地下鉄の駅から徒歩5分ほど。階段を上がって小山の上に出た場所である。この小山が城の一部だったのだろう。
 大船の玉縄城もそうだが、城跡が女子校になっているというケースは、「現在も容易には侵入できない」という堅牢さが感じられて、「さすが北条氏関連の城だ」と唸ってしまうのだ。桜を撮ったら手短に退散するしかない。と言いつつも、学校の周囲を一周してみてから小山を下りたのだった。
(iPhone5)
スポンサーサイト



2018.04.13 Fri l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1715-1dfc3c59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)