三江線
 都賀大橋から美郷町営バスで潮(うしお)にやってきた。バスと言ってもワンボックス車である。乗客は私だけだったが、石見都賀駅から鉄道ファンが一人乗車。
 潮駅前で降りた私は、まずホームに上がった。この駅は江の川の横に作られた駅だ。眺めはとても良い。ホームに沿って道には桜の木が並ぶ。まだ開花はしていなかった。
 駅近くの潮温泉大和荘が10時から入れるので、少し駅を見学してから行くことにした。駅は駅舎はなく、待合室がホームにあるだけだ。駅ノートがあったので記入した。三江線の廃止を惜しむ声で頁が埋め尽くされていた。
 潮温泉は白い湯で、温度も適温で気持ち良かった。小雨の中を歩いてきてよかったと思えた瞬間である。
 駅に戻り写真を撮っていると、石見川本行きがやってきた。私が宇都井で降りてから四時間ぶりにやってきた江津方面の列車だ。車内は予想通り混んでいて座れず、ドアの所に立って景色を眺める。
 石見川本では乗り継ぎの江津行きまで一時間半ほどある。時計は12時を回り昼食時。改札を出ると、町の人が駅周辺の飲食店が書かれた案内マップを配っていたので受け取り、駅前を散策した。
 駅の近くに「昔ながらの」という言葉が似合う食堂があったので、そこに入ってうどんを食べた。棚に並んでいる漫画が昭和のものであった。そういう小道具がとても似合う店内で、小鍋に入って運ばれてきた肉うどんを食べて暖まった。
 駅に戻るとテレビカメラの姿が見えた。廃止の日が近づき取材が入っているのだ。一泊目の宇部のホテルで見た朝のニュースでも三江線の話題を取り上げていた。この賑わいが以前から存在していれば廃止になることはなかった。しかし、廃止になるからこそ、こうして大勢の人が訪れている事も確か。自分もそんな一人である。
 ツアーなのか、お年寄りの団体も乗り込んだ車内は賑やかなまま江津に向かった。なんとか席に座れた私は、石見川本駅のホームに並ぶ町の人達に見送られ発車した列車で、午後の三江線を満喫するつもりだったが、江津までの約一時間、早起きと朝からの長い歩きで眠くなり、半分ほどの時間を眠りこけてしまったのは残念であった。
 江津駅に着くと、そのまま三次方面に戻る人が多く、ツアーの人はバスが待っているのか駅の外に出ていった。やってきた山陰本線の出雲市行きは先ほどまでの喧騒が幻のように静かな車内で、私は窓枠に肘をつきながら雨の日本海を眺めたのだった。
(RIGOH GR)
スポンサーサイト
2018.04.07 Sat l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1710-079f04d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)