FC2ブログ
三江線
 宇都井駅前から延びる道は少しだけ上りになっている。そこを上がると江の川に出る。私は川に沿って延びる細い道路を北に向かって歩き始めた。
 宇都井で降りた人はおそらく一時間ほど後にやってくる三次行きに乗って三次方面に戻るのだろう。江津方面は四時間後なので、そのプランで動いていると思われる。
 そんな中、私は温泉に入るという目的のために、こうして歩いている。歩いて移動した区間は乗れないが、三江線には一度全線乗っているので、そこは気にせず歩く。
 天気は小雨。用意してきた折り畳み傘をさし、ひたすら川に沿って歩く。時折車が追い越していくが、20分に一台くらいのペースである。歩行者に至っては鉄道ファンと宇都井駅近辺ですれ違ったきりだ。
 行程の半分くらいにさしかかった頃、鉄橋が観えtきた。時計を見ると、件の三次行きがそろそろ通過しそうな時間だ。休憩を兼ねて列車を待つ。しかし、なかなか来ない。
 もういいかなと思い始めた時、レールを叩く音が聞こえてきた。慌てて仕舞いかけていたカメラを取り出す。
 宇都井駅を出てから一時間ほど経過した頃、ようやく集落が見えてきた。久しぶりに見る人の営みに、とてつもない安心感で胸がいっぱいになった。
 しかし皮肉なもので、集落に入ったあたりで雨が強くなってきた。急ぎ足で先を急ぐ。目的物の都賀大橋が見えてきた。赤いトラスが美しい。
 橋を渡ると「都賀大橋」バス停がある。一日数本のバスなので間に合ってよかった。到着までまだ20分ほどある。幸いバス停にはサッシ戸の付いた小さな待合室があり、清掃の行き届いたトイレも隣にある。田舎道のバス停なのに設備が揃っている。小さなベンチに座ってやっと朝食。前夜、ホテル近くのコンビニで買ったパンを食べる。時計の針は九時を回った。
(RICOH GR)
スポンサーサイト
2018.04.06 Fri l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1709-c1c2b31e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)