門司レトロライン
 試合を観たあと、小倉駅から門司港駅に向かった。門司レトロラインという観光鉄道に乗るためである。
 門司レトロラインは使われなくなった貨物線を利用して作られた。機関車と客車は九州の南阿蘇鉄道と島原鉄道で走っていたものを持ってきたものだ。
 JRの門司港駅の駅前広場を挟んで乗り場がある。九州鉄道博物館の最寄り駅ともなっている。スタッフさんの親切な対応で切符を購入して乗車。切符はカラーである。いい記念となる逸品。
 列車はかなり遅い。添乗員さんの説明によると「日本一遅い鉄道」らしい。門司の町をじっくり見るには良い遅さである。
 やがて窓外には海が見えてくる。西日を浴びた関門海峡の海だ。終点はトンネルを抜けた場所にある。トンネルを抜けると景色が一変した。
 駅の前には海が広がる。向こうの陸地は下関だ。駅横に関門トンネル専用機関車だったEF30形電気機関車が旧型客車と一緒に展示されている。その向こうにそびえるのは関門大橋だ。
 ゆっくりしたくなる風景だが、乗ってきた16:40発の列車は折り返し乗車が出来る最終便。つまり今から出るのが門司港に戻れる最終便なのだ。
 駅前で写真をのんびり撮っていたら、帰りの席は塞がった。短い旅なので立ったまま景色を眺めるのはまた楽しい。トンネルに入ると天井が魚のライトアップされる演出を撮った。
 古い建物の多い門司港に作られた新名物。また乗ってみたい鉄道だ。
(RICOH GR)
スポンサーサイト
2018.04.02 Mon l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1705-d5a758f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)