FC2ブログ
御前曲輪
 小田原駅に戻ってきた。ここからは駅の反対側、つまり山側に向かう。今回の小田原訪問の目的である「小田原城訪問」のためである。
 小田原城に行くなら、その方向は逆ではないかと思われそうだが、今回向かう小田原城とは、室町~戦国時代の方だ。戦国時代途中から北条氏によって城は拡張され、現在の位置にまで延び、町全体を堀と川と土塁で覆い、日本最大の城郭都市となった小田原だが、今回はその礎を見てみようという訳である。
 新幹線口の駅前には北条早雲こと伊勢宗瑞の銅像が立っている。小田原北条家の初代当主であり、ここ小田原を拠点として「関東に民のための国家を作る」ことを始めた人物である。
 その宗瑞さんの銅像に一礼して、山への道に向かう。道は駅前から既に急な登りである。
 右に左に曲がりながら上がっていくこと20分ほど。小田原の町を見下ろせるくらいの高さにまでやってきた。山の斜面の窪地にグラウンドが現れた。「城山陸上競技場」である。ここは小田原城の「御前曲輪(ごぜんくるわ)」があったと言われる場所だ。
 大した調査が行われないままグランドが造られてしまったので、長年御前曲輪は謎のままだった。城跡に学校や役所やグランドを建てるのは全国的な傾向で、史跡を顧みるという風潮が沸き起こるようになったのは割と最近のことらしい。今なら、そのままにしておくことだろう。
 近年、グランドの改修の機会に発掘調査を行なった結果、いくつか出土物もあったようだ。御前という名を見ると、北条家の奥方の住まいがあったのかと思ってしまうが、伸仏を祀る場所という意味だそうである。これだけの広さだから、大勢の人が集まることが出来る。祭事や出陣前に家臣たちが集う空間だったことだろう。
 小田原城の遺構が現れたことで、坂を登ってきた疲れも吹き飛び、気分は盛り上がってきた。さて、更に昇っていく。
 ※小田原城御前曲輪について
(FUJIFILM X100)
スポンサーサイト
2018.03.25 Sun l 小田原 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1699-c5e75a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)