FC2ブログ
l小諸城
 入口の近くまで戻ってきた。入場時に四か所の施設に入館できるセット券を購入したので、それぞれ観ていきたいと思う。
 まずは、島崎藤村記念館。実は一年ほど前に藤村の「破戒」を読んでいた私は、その初版本や原稿が展示されていることに感動した。「破戒」の内容については、興味ある人は検索していただくとして、主人公の人柄は教師経験のある藤村だからこそ描けたのではないだろうかと強く感じさせられた。そんな印象を受けた静かで質素な造りの館内は、とても居心地の良いものだった。
 続いて鹿島神社に参拝した。ひらけた境内の明るい雰囲気。太陽はだいぶ傾きつつある。すぐ近くの小山敬三美術館に移動する。
 白い洋館風の建物は靴を脱いで上がるので、中はとても綺麗だった。絵画を語れる知識はないので解説が難しいが、風景画は輪郭がダイナミックで、肖像画は多数の色を使って繊細。印象に残る作品群だった。館内が綺麗だったこともあって癒された気分。
 入口に向かう道を辿り、入場券を買った所まで帰ってきた。脇にある懐古館に入場。ここは小諸城に関する資料を展示した施設。大河ドラマ「風林火山」のポスターも掲示されている。城下町と城のジオラマ。江戸時代の書状など、ゆっくり見ていきたい施設だったが、日没が迫ってきて時間がなかったのが残念だった。
 少し早足気味に、名残り惜し気味に門をくぐり、すぐ近くにある小諸義塾記念館に入る。古びた洋館そのものという施設で、ここも靴を脱いで入館する。島崎藤村も在籍して教育にあたったというこの学校。その設立経緯から教育についての解説などが展示されている。思いのほか展示物が多く、時間に追われて観るのが勿体なく思う。
 一通り見終わったのであとは駅に向かう。二時間ほど滞在していたことになるが、もっと居たかったというのが本音。季節を変えて再訪しよう。そう決めて小諸駅に着いた。寒風が吹いていた上田に比べると気温も穏やかで、きっと小諸城とは相性がいいのだろうと思わされた。城好きも、観光も、どちらを目的にしても堪能できる場所。それが、懐古園こと小諸城だと思った二時間だった。
 懐古園公式サイト
 小諸からは少しずつ暗くなってきた空の下、浅間山を眺めながら軽井沢に向かった。久しぶりにやってきた軽井沢駅は駅舎が改築されていたが、レトロな洋館のような雰囲気は満点だった。日の暮れた駅前を少し歩いたが、かなり寒い。駅の券売機で新幹線の自由席券を買うと、もう今回の旅がラストに迫った実感があった。
(RICOH GR)
スポンサーサイト
2018.02.12 Mon l 神奈川県外の戦国史跡 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1675-0db78b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)