FC2ブログ
小諸城
 石垣がある区域にやってきた。石は浅間山が噴火した時に飛んできた「焼石」と呼ばれる石を試用しているそうで、溶岩が流れて出来た谷を天然の空堀(水を張っていない堀)として活用したり、自然を生かした造りだ。石には苔がついていて、それもまた不思議な味を醸し出している。
 石垣に上がる階段を昇ると天守台跡があった。少し高い位置なので、なかなか見晴らしがいい。柵などがないので橋まで来ると少し怖くもあるが、それもまた野趣に富んでいてよいものだ。
 歩いていくと懐古神社があった。さっそく参拝。小諸城の敷地は全体的におだやかな空気に包まれているので、この神社も落ち着く空間だった。
 公園として整備されているので、随所に案内板があるのが嬉しい。いろいろと優しい小諸城である。
(RICOH GR)
スポンサーサイト
2018.02.10 Sat l 神奈川県外の戦国史跡 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1674-7d16ef04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)