小諸城
 上田からしなの鐡道に乗って小諸に着いた。しなの鉄道は元信越本線だから本数は多い。一時間に二本くらいの割合で走っているので、あまり時間を気にせず乗れるのがいいところだ。
 小諸に来るのは久しぶりだ。前回来たときは確か駅の裏にある懐古園に足を運んだ。今回もそこに行く。前回は懐古園が城跡だということを知らないまま園内歩いた。公園という感覚だったのだ。懐古園は「小諸城」の跡なのである。
 前回は地下道を通って線路の下から入口にアクセスしたが、近年造られたと思われる立派な跨線橋が立っていた。屋根は瓦で雰囲気満点である。
 跨線橋を下りて少し行くと、地下道の出口と合流し、懐古園の門の前に出る。入口の近くに懐古園の案内マップ、というか小諸城の見取図ともいうべき地図があった。実はこの小諸城は他の城にはない大きな特徴があるのだ。
 普通の城は町よりも高くそびえ、町を見下ろすように立っている。町の警護だったり、敵襲を見張るためだったり、理由はいくつかあるだろうが、そのように造られているものが多い。
 だが、この小諸城は違う。町より城が低い位置にあるのだ。つまり門の場所が一番高い所で、城の奥に行くほどに低い位置になっていく。一番奥は千曲川の崖になっている。この変わった造りは「穴城」と呼ばれるもので、非常に珍しいものなのである。
 この変わった設計の小諸城を普請(城の設計)したのは、武田氏の家臣であり、大河ドラマ「風林火山」の主人公にもなった山本勘助と言われている。上田城を普請したのは真田昌幸(真田幸村こと真田信繁の父)だが、真田氏も元々武田氏の家臣だった。武田氏の城は個性的な名城が多く、ここ信濃や本拠の甲斐、のちに領地としていく駿河や遠江にも武田氏の関わった個性的な城は多い。
 ということで、小諸城を見ていこう。上田城、小諸城と大河ドラマの主人公に関連した城めぐりの旅の後半戦である。
(RICOH GR)
スポンサーサイト
2018.02.07 Wed l 神奈川県外の戦国史跡 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1672-ba562d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)