新潟
 先日、新潟に行った。旅ではあるが、家の用事も兼ねたものである。
 出発の日の二日前、信越本線で電車が一晩立ち往生するという事故があった。大雪によって電車が走行できなくなったのだ。新潟平野はそれほど雪が積もらない(それでも東京とは比べものにならない積雪量だが)。そのため積雪対策が山間部ほどではないのかもしれない。
 私を乗せた上越新幹線は冬晴れの関東平野を抜け、雪に包まれた越後湯沢を過ぎ、やがて新潟平野に入った。越後湯沢は空は晴れだったが、長岡を過ぎた辺りから曇り出し、新潟が近づくと雪が降り始めた。
 前夜のニュースでは新潟市が何年ぶりかの大雪だと報じていた。一日の積雪量が70センチを超えている。それでも長岡や山間部の方は1メートル以上積もっていることと比べたら、まだましなのだ。
 私的には新潟市内でここまで積もっているのを見るのは初めてだった。所用で郊外に向かうバスに乗らなくてはいけないのだが、バスが出るバスセンターは駅から少し離れている。私は雪に埋もれた歩道を歩き始めた。
 雪に埋もれていると言っても、人が歩く幅くらいは掻き分けられているし、足跡で踏み固められている。駅前なので、その辺は歩きやすいことになっている。
 だが、郊外はそうではない。バスから降りた瞬間、雪に足を取られながら歩くことになった。ちょっとしたサバイバルである。
 所用を済ませてバスセンターに帰ってきた私は、駅まで歩く途中、親の実家だった所に立ち寄ることにした。
 実は行きは、雪でバスセンターまでの徒歩時間が意外にかかったので、昼食時間の余裕がなくコンビニでパンを買ったきりだった。近くにある某48劇場に行く人たちを横目に、バス乗り場の近くで慌ただしく食べるという始末だったので、少し空腹気味だったのだが、食事は後回しにして、日が暮れるまでにと歩き出した。
 表通りから外れると、駅前であっても道は雪で埋もれていた。先ほど乗ってきたバスも徐行運転だったが、自家用車も皆、悪戦苦闘している。私は膝まで埋もれながら路地に入っていき、実家だった建物を眺めたあと、駅に向かった。
 赤信号で立ち止まっていると、ミニスカートの女子高生が自分の横に来た。見ているだけで寒くなってくる。いや、実際は寒さを感じたのは新幹線を降りてからの30分くらいで、すぐに体が鳴れていた。雪は寒さを和らげてくれる。そして、雪国の雪はさらっとしていて案外きもちよくもある。
 この日の宿は長岡の先の小千谷市だ。信越本線は少しダイヤが乱れていた。7分遅れで新潟を発車した長岡行き快速は、途中二回ほどトラブルで止まった。二回目は二日前の事故の場所から割と近い所で、二日前もそうだったように踏切の所だった。また立ち往生か?
 だが、車内は焦る様子も苛立つ様子もなく、誰もが達観していた。こういうところが越後の人のいい面である。二日前の事故でも、乗客は怒るどころか、雪掻きをする常務員を手伝う人もいたという。
 電車は30分以上遅れて長岡に着いた。私は駅ビルで夕食にして、上越線の小千谷方面の電車に乗るためにホームに出た。夜とあって、おそらく氷点下の気温だと思うが、ホームで女子高生が一人電車を待っていた。私も不思議と寒くはない。
 上越線はローカル線といえど、さすが山間部を走る電車だ。ダイヤは乱れておらず、定刻に発車し、定刻に小千谷に着いた。駅と市街が離れている小千谷は、市街までを結ぶ駅前通りは暗く、店はほとんど閉まっていた。
(RICOH GR)
 ※新潟駅は現在工事中。近い将来、この駅舎は生まれ変わる。私が子供の頃から変わらないこの駅舎。国鉄の空気が感じられて大好きだ。
スポンサーサイト
2018.02.01 Thu l 神奈川県以外 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

私は 写真は全く素人で 何もわかりませんが とても美しい写真ですね
空の色 駅舎の色 街灯の暖かい色 雪 のコントラストが印象的です
駅舎の看板がなければ どこか外国のように見えます
アルビレックスは J2降格で 残念でしたが
昇格目指して 今年の活躍を期待したいです
2018.02.03 Sat l ふなちゃん. URL l 編集
No title
写真、おほめくださりありがとうございます。
実はもう日が暮れて暗くなってきたので、少し手振れしているのです。他にも、もっと明るい時間に撮った手振れしていない街中の写真もあったのですが、もうすぐ改築されてしまう新潟駅の姿をブログに残したくて、この写真を選びました。
私が子供の頃から変わらない姿なのです。新潟はほどよく「古さ」が残っている町で、とてもいいところですよ(観光できるような名所は少ないですが)。
アルビのサポーターの姿を見ていても、勝っても負けても温かく応援していて、それが越後人らしさだななんて思っています。
今年はブラジル人選手が活躍しそうな予感がありますし、楽しみであります。J2は世界で一番順位争いが面白いリーグですからね。
2018.02.07 Wed l アルファ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1668-46e463e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)