会津若松
 会津鉄道で会津若松駅に着いた頃には、空はすっかり夜になっていた。
 ここからの流れはその場の勢いで決めることにしている。一旦、駅前に出て店を物色してみようということにしたが、外は風が強く、雪も激しくなってきた。
 会津若松の町の中心部は駅から離れていることは過去に訪問して知っているが、この風雪の中を店を探しながら歩くのは困難だった。ということで、駅前の居酒屋に入る。そこしか選択肢がないような流れだ。
 しかし、入ってみてわかることというものがある。お通しは二つのうちどちらかを選ぶ方式。店員のお姉さんが「あんきも」と言った瞬間、有無を言わずあんきもを選択。お通しでこれとは期待できる。
 同行のTさんが「馬のレバーが食べたい」と顔にハートを浮かべて所望する。我々は馬刺しとレバーを地酒で堪能した。
 一時間ほどの滞在だったが、すばらしい途中下車となった。宿泊地を会津若松にしなかったことを悔やんだ。Tさんは初訪問だが、私は二回泊まっている上に何度か訪れている町なので今回はパスしてしまったのだ。和洋それぞれ良い店があり、カフェも良いのは経験上知っていて、敢えて宿泊地から外したのは失敗だった。私自身、少し前に戊辰戦争に於ける会津での戦いについて書かれた本を読んで、改めて町歩きをしたいと思っていたのにである。
 Tさんは喜多方ラーメンにも未練があるようである。「只見線の旅でもした時に会津若松に泊まって喜多方にも行こう」と私は再訪を誓った。喜多方も泊まったことがあるが、早朝からあちこちのラーメン屋が開いているという凄い町である。
 我々は磐越西線に乗って郡山に向かい、ホテルに荷物を置いたあと飲みに出かけた。そこはそこで、なかなか良い店だった。帰りに、お姉さんが外まで出てきて「良いお年を」と言ってくれたのは粋を感じて、嬉しい気分にもなった。福島県はいい所である。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL 16-50mm F3.5-5.6 OSS PZ)
スポンサーサイト
2018.01.16 Tue l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1660-d5c51187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)