FC2ブログ
R0080048_R.jpg
 東武東上線とJR川越線が合流している川越駅にやってきた。ここから北に少し歩いたところに西武新宿線の本川越駅がある。
 本川越駅はプリンスホテルや駅ビル「PePe」も併設され、なかなか大きな駅である。二つの建物を結ぶフロアは吹き抜けの天井になっていて、そこに駅の改札口がある。
 本川越からは特急小江戸号が西武新宿に向かって走っているが、一般列車はロングシートの通勤型である。西武新宿線は関東の私鉄線には珍しく、地下鉄と乗り入れを行なっていない路線なので、都内方向に向かう登り電車のほとんどが西武新宿行きとなる。
 その電車に乗って一駅めが南大塚駅。住所は川越市になるが、古い町を持つ観光の町という風情は此処にはなく、郊外の駅という眺めだ。
 降りてみれば、これといって特徴のなさそうな駅から、長い年月の間、休止となっていた路線がある。休止といっても実態は廃線同様な状態だった。その路線の名は、西武安比奈線。「あひな」と読む。この路線が南大塚から出ていたのだが、2017年に遂に正式に廃線が決まった。
 今回の旅は、この西武安比奈線の線路跡を辿る旅である。
 南大塚駅の脇から空き地が斜めに広がり、やがて錆びた線路が現れた。駅前なので周囲は住宅地である。
(RICOH GR)
スポンサーサイト
2018.01.07 Sun l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1654-4717074f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)